QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
くをけちけう

2016年12月28日

元(げん)とCox

不倫の調査を頼みたいけれど、離婚の準備をしているみたいで気が滅入る。意外とそんな人は多いです。しかしそこまで重たく感じる必要は実際のところ、ないと思います。

不倫相手と別れさせるとか、離婚するとか、どちらにしても、肝心の証拠を押さえておけば有利なのは確かです。

もちろん何もしないでいることも選択肢の一つではありますが、何らかのかたちで決着をつけたいと思ったら、探偵に相談するのが最もストレスの少ない方法だと思います。私も会社に所属する探偵として長年やってきましたが、不倫の証拠集めには要所ごとの手際の良さと、3カン(感、観、勘)が不可欠だと思います。地道といいつつも予想外の出来事は多く、すぐ判断してベストな選択をしなければいけないので、気は抜けません。
浮気の場合は相手もいることですし、あくまでも内密に調査を遂行しないと多少疑われるだけでも依頼者にご迷惑を及ぼしかねないと思うため、細やかな注意を怠らないことが大事です。信頼と安全の確保に手抜きはありえないのです。



しょっちゅう同じ電話番号からまた、掛けている電話番号があるとしたら浮気相手と連絡をとっているという見込みはある程度間違いないと思われます。そういったことに気付いたらその電話をしている相手を調べればいいのですね。そうは言いましても、パートナーがやり手となりますと、電話での連絡を浮気相手ととったのちにはしっかりとその痕跡を抹消するということもしばしばあることです。

昔はどうあれ、現在は探偵と興信所の違いは名前だけです。両方とも探偵業務と報告を行うことは共通しています。

浮気の追跡調査などを依頼する際は、特に気にすることはないですし、裁判の証拠として差が出るわけでもありません。
と言っても、どのあたりの分野を得意とするかは、会社によってそれぞれ微妙に異なるため、契約前に把握しておきたいものです。たとえ浮気といっても不貞行為ではありますから、相手の配偶者から、慰謝料を求める内容証明郵便が届くことは充分考えられます。普通、慰謝料で請求される金額は、向こうが離婚したかどうかで大きな違いがあります。離婚に至っていないにもかかわらず多額の慰謝料を請求してきたときは、すぐ返事をせず、弁護士に相談するようにしましょう。ダブル不倫の場合、交際解消の一因となるのは、配偶者との間に子供が欲しくなった(相手が希望した)からというのが実に多いのです。
そこから相手に心苦しく感じたり、将来が見えない浮気という繋がりに嫌気がさしてきたりするようです。それから、転居、転勤、家族の入院などで距離と時間の都合がつきにくくなったとき、やましい気持ちもあってか、関係解消へと動いてしまうのです。自ら動くより、浮気調査は探偵に頼みましょう。
経験豊富な探偵に依頼したら、確実に浮気の証拠をつかんでくれます。
自分が浮気の証拠をつかもうと調べてみても、配偶者が浮気をしているという事実はすぐに出てきます。でも、パートナーに詰め寄っても頑として浮気してない、と言い張ったら、離婚するに際して有利な条件を引き出せません。
そのため、確実な証拠というものが必要になります。


どの業界でもそうですが、探偵でも悪質でいい加減なところもあるので、安易に依頼せずにクチコミなどをみて検討し、信頼ベースで選んだほうが良いですね。
http://www.buzokugekka.com/

例えば、浮気の追跡といった調査ひとつとっても、きちんとした裏付けを取るのに必要な時間というのは、幅があります。

曖昧な部分でも上限下限はありますから、料金や所要時間について、よくよく確認した上で契約するようにしましょう。
妻又は夫が浮気していることが明らかになっても夫婦生活を続けていきたいのであれば昔でいう「逢瀬」の場に、勢い込んで行くのはしないほうがいいでしょう。



浮気が発覚したことで相方が、ひどく感情的になってしまい、別れなければいけなくなってしまうかもしれません。


加えて、浮気相手と話をしたことによって、精神的に追い詰められてしまうかもしれません。常に相手が警戒している場合、素人が浮気の証拠をつかむのは無理というものです。ただ、証拠さえあれば、離婚するしないにかかわらず、何かと便利に使えるでしょう。



配偶者の浮気の疑いが濃厚であれば、裏付け調査を探偵に頼むと良いでしょう。



いくらか出費は覚悟しなければなりませんが、二人で一緒に写っている写真や動画といった、言い逃れできない証拠を手に入れることができます。


Posted by くをけちけう at 12:57│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。