QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
くをけちけう

2018年04月13日

福永の小田原

看護師だった知人は、病気になってしまって、その療養のために看護師を辞めました。しかし、完治させた後は、復職して病院で看護師としての仕事を続けているのです。多少のブランクでも、資格があれば比較的復帰が楽になりますよね。
やはり資格が大切なことが改めて分かりました。短大では看護師、および、保健師、助産師を受験するための資格を得られる教育課程があります。
大学だと看護の高度な知識を身につけられるので、専門的な看護師を目指す方にはいいでしょう。大学というのは、専門や短大に比べて1年長いため、保健士の勉強も行えます。

看護師の転職で失敗しないためには、将来のことを思い描いて早めに行動を起こすことが大切です。
さらに、何を重点的に考えるのかを決めておいた方が成功しやすいでしょう。将来の自分の姿をはっきりと思い描いて、そのビジョンに合致した転職先の情報をちょっとずつ収集してください。

http://www.akgulmobilyam.com/
給与額とか職場環境、勤務形態など、自分にとって重要な条件も挙げておきましょう。

先ごろ、転職したのです。





比較的ラクそうな職場だったのに、どうして転職をしたの?と理由を質問してみると、「暇でしょうがなかった。もっとバリバリと働きたい」というわけでした。

世間には、働きたくないと願う人が多い中で、こんな風に考える人もいるのですね。
高齢の方たちの増加が進み、福祉施設で看護師の必要性というものはとどまることを知らないのです。
ましてや大きな企業になると医務室に看護師がいて、健康面やメンタル面における相談についてのケアをやっています。そんな場合は、その会社の一員になる可能性もないとはいえないでしょう。



ナースが仕事を変えるキッカケとしては、ステップアップと説明するのが良策です。

元いた勤め先の雰囲気が合わなかったとか、働きに対し割の合わない雇用条件だったというような、マイナス要素をあげてしまうと、よくないイメージを相手方に与えてしまいます。
この場合は、仕事を変えたい本当の訳をストレートに伝えることはないですから、ポジティブな印象を与える応募動機を述べるようにして下さい。子供のころから看護師になるのが夢だったのですが、家の都合によって会社員としてしばらく働きました。しかし、看護師になりたいという気持ちが大きくなるばかりでした。資格を持たなくても就ける看護の仕事に転職することも考えましたが、ちゃんとした資格を取得して看護師として働きたいという気持ちもあり、迷っていたところ、医療施設で看護助手として勤めながら看護師の資格を取ることが出来る方法がある事が分かりました。諦めかけていた夢を叶えられる道があると分かって、やる気が出てきました。
一般的に、看護師の中には愛煙家があまり居ないというイメージですが、いかにもその通りで、看護師の喫煙率は平均を下回っているそうです。



病院で勤める以上、煙や臭いで不快な思いをさせないように、意識している看護師が多い職業であるということが理解できると思います。看護師なんて月給は安いし、夜の勤務もあることが多く、生活が大変そうだと思うかもしれません。でも、看護師は良いところもいくつもあるのです。



例を挙げると、入院患者さんに感謝されることが多いです。

また、最近では、自立女性の象徴として、婚活などでも大人気だそうです。看護師は挑戦的な仕事だといわれています。

どんな仕事でもダイレクトに人とかかわることがなくなる傾向にあります。
他方、看護師は他人と深く交わることができ、サポートできるという意味でチャレンジングだと感じる方が大勢いるのでしょう。


Posted by くをけちけう at 09:36│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。