QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
くをけちけう

2018年06月09日

涼のケラ

引っ越し作業が効率良くいくかどうかは、天候に左右される面が多分にあり、激しい降雨などがあると、防水の徹底など、作業が増えて時間がかかってしまうでしょう。
http://xn--vek522jcgdw82aende4s6n7a.xyz/



梱包作業を業者に一任しているのであれば、防水などは徹底してくれますから、荷物が傷む恐れはないはずですが、雨による渋滞で引っ越し先にトラックの到着が遅れることはよくあります。



スタッフの手を借りずに、自分で荷物を梱包をするなら、どうしても雨天対策は必要になってきます。
特に梅雨時などは何時降ってきてもおかしくありませんから天気が怪しい時には、雨対策を忘れないでおきましょう。


引越しの準備の中で一番大変なのは家中の物をダンボールに入れて行く作業だと言えます。



日々生活していると気がつくことはないですが、荷物を詰める作業をしているとこんなに家の中に物があったのかと驚愕します。
しかし、引越し準備と一緒に片付けをすることが出来る絶好の機会です。


今から10年ほど前に、この町で働き始めたのをきっかけに今のアパートへの引っ越しをしました。



最初の考えでは、3年くらいいたら後は実家に帰りたかったので住民票の移動をしないでおきました。
ところが、職場は楽しいし、この町も居心地の良いところで、辞めるタイミングが見つからず、結婚の話まで出てきて、実家よりもこちらの方が税金も安いようで、これからでもいい、住民票を移そうかと考えているところです。

我が家では今、ドラム式洗濯機を使用しています。以前、転勤で少し距離のある引っ越しを経験しています。
新居に引っ越した日、荷解きをしていたら、ダンボールが濡れているのを見つけて引っ越し業者に連絡を入れてみました。


その原因は、洗濯機のホースに残っていた水で、何かのはずみで漏れ出てきてしまったのでしょう。その状態のままで引っ越し先に到着してしまったのでしょう。
荷台まで水は流れていきませんでしたから、特に害も無かったのですが、ホースの中から、しっかりと水を抜いておく必要があるとは思わかなかったです。


でもまた引っ越しの機会があれば、その時は忘れないでおきます。家の中にあるものを引っ越しの時に見直すため、仕分けの結果、不要になるものもあります。

処分をどうするか考えなくてはなりません。ぜひ覚えておいてほしいのは、引っ越し業者の不要品引き取りサービスの活用です。
大型家具など、業者の中にはお金を払って処分しなくてはならないものを資源のリサイクルなどの名目でただで引き取ってくれることもあるので、引っ越し業者に聞いてみてください。
「引越しソバ」という慣習とは新しい土地に越して来た時にご近所への引越しの挨拶としておすそ分けするものです。



私も一度頂いたことが以前、あります。細長いソバのように、末永いご縁をこれからもどうぞよろしくお願い致します。という意味が込められているそうです。
どれだけの荷物をどこまで運ぶのかによっておおよその引っ越しの相場が決まっているのです。引っ越しの費用を抑えるためにも、実際に動くより前に、出費の目安をつけるためにも、基本的な相場を理解することが望ましいです。


これを分かった上で、見積もりをとって業者を比較し、調べた相場より安価であったりサービスが良い業者にお願いするのがおススメだと言えます。前もって引っ越し作業の予約をいれておき、当日、あるいは前日のキャンセルによって、キャンセル料を支払う羽目になってしまうことがあります。
業者は、実は見積もりを出す時に、どういった時にキャンセル料金が発生するかをちゃんと説明しなければなりません。


しかし、その説明が書面でなされた場合にはキャンセル料についての記載を、読まずにいることもありますから、引っ越しの予約を入れようとする時に、キャンセル料がいつ発生するか確認しておくと良いでしょう。
引っ越しすることに伴い、エアコンが要らなくなってしまいました。
一般的な賃貸ですと、エアコンが有ります。今住んでいる場所は、古くからの寮だったため、エアコンはそれぞれ自分で付けることになっていました。


ああいう寮じゃなく、賃貸を選べばよかったと今更後悔しています。

最近引っ越したのですが、聞いていたとおり、本番を迎えるまでが大変でした。
マンションに住んでいたし、一階ではなかったので引っ越し業者に大きい荷物を移動してもらいました。


けれども、それ以外の荷物はお願いしていません。

自分でエレベーターに乗せられる荷物は何日も前から時間をとって、借りた台車に少しずつ積み、なんとか移動できました。
本当に、台車にはお世話になりました。




Posted by くをけちけう at 05:06│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。