QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
くをけちけう

2018年09月13日

健一で敦(あつし)

看護師の人が転職する時に、違った職種に転職を考える人も少なくないです。

けれど、一生懸命に看護師資格をゲットしたのですから、利用できる仕事を見つけた方がいいでしょう。違った職種でも、プラスになるところは少なくありません。頑張って得ることのできた資格ですから、活かさないと無駄になってしまいます。短期大学では、看護師と保健師、助産師の受験資格を得られるカリキュラムがあるのです。大学だったら高度な看護知識が学べるので、専門性のある看護師を希望している人には適しています。大学だと専門や短大に比べて、1年多いので、保健士の勉強も行えます。

看護師は夜勤をするのが当たり前とされる場合が往々にしてあり、子供がいる看護師にしてみれば大きな不安要素となり得ます。

小学生になる前の子供だったら、24時間保育を行っている保育所の利用や病院付随の託児室があればそこへ預けることもできますが、現実問題として、就学してしまうと預け先が極端に減るということがあります。

なので、子育て中の看護師の中にはパート勤務に移行していくという方も多数存在するようです。一般に、看護師が転職に挑戦するときでも、個人では待遇に関する交渉はできないこともあるものですが、転職サイトを使えば待遇の交渉もしてくれて、有利な条件での転職が期待できます。

転職が初めての人には、履歴書とか職務経歴書の書き方のコツを伝授してくれることも役に立ちます。
毎年、多数の人が転職サイト、看護roo!を利用することにより、転職しています。
看護roo!はきちんと認可を受けて経営を行っている会社ですし、JASDAQ上場企業でもありますから、転職サイトにある情報も信用できるのです。


安全に転職情報を検索することができます。
働き甲斐のある看護の仕事ですが、その分だけ悩みも多いと思います。


よく聞くのは3交代制などの不規則な勤務形態ですよね。

平日が休みになってしまっては、友達と遊んだりデートの時間が取れなかったりする事が悩みのタネになっているようです。


または、労働環境が過酷で忙しくて休みが取れないケースもあります。こうした勤務形態を離れて、規則正しい休みを取りたいのであれば、たとえば、日勤のみの勤務が可能な病院の求人を探してみるなど、思い切って転職してみるのも良いかもしれません。看護師資格を取ろうと思った場合、気になるのがその難易度です。
実際にはどのくらいだと思いますか?資格を取得するための看護師国家試験の合格率は、平均で90パーセント近くと、意外と高いことが分かります。



試験内容も、専門学校や大学の講義をしっかりと勉強していればそれほど苦労なく合格できるものですから、これといって看護師の資格取得は難しいものでもないようです。

今流行の「街コン」では、たくさんの出会いがありますが看護師の中でこちらに参加をする人というのは多くいます。
職場では女性が多数で、なかなか男性と関わる機会がなく、結婚したいと思っている看護師をはじめとして、街コンへの参加は珍しくありません。
看護師という仕事は、街コン参加者の中でも人気の高い職業だと言えます。
http://www.myfashionkiss.com/
けれども、せっかくいい相手が見つかっても、後々になってお互いの休みが合わなかったりと駄目になってしまうこともあるようです。
多くの看護師に共通する悩みのタネと言えば、勤めている職場の人間関係の問題や不規則な勤務形態です。

どうしても、女性が多い職場になると、複雑な人間関係がつくられているところも多いのです。



勤務時間が不規則で、夜勤を避けられないのも健康上好ましくありません。



問題が改善されそうにない職場には、早いうちに見切りをつけ、人間関係が良好で勤務に融通がきくような職場を見付けて転職するのも間違いではありません。
看護師の不足は十分な医療を提供できないという意味では社会問題と言えます。


原因としては、厳しい労働環境にあると言えるでしょう。
近年、看護師の医療行為が解禁されたことで仕事量が増加し仕事に拘束される時間も長くなり、簡単に休みをとることが出来ず、疲弊する一方なのです。



また、シフトを組んでの勤務形態は夜勤を避けることができず、子供の出産を期に職を辞する人も多いのです。


Posted by くをけちけう at 05:17│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。